読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

catalinaの備忘録

ソフトウェアやハードウェアの備忘録。後で逆引きできるように。

魔法陣コースター作ってみた

 

経緯

コスプレで足元に魔法陣出したい。杖振り回すと、魔法陣と杖が連動して光ってほしい。

というわけで、実現可能性を検証するために色々試してみた。

いい感じになったので、マグカップとか置けるようにコースターにしてみました。

まずは写真。

 

通常光で点灯

f:id:Catalina1344:20141206212139j:plain

最大出力で白色点灯

f:id:Catalina1344:20141206212134j:plain

 

青色光で点灯(マグカップ載せてみた)

f:id:Catalina1344:20141207155551j:plain

 

赤色光で点灯(マグカップ載せてみた)

f:id:Catalina1344:20141207160100j:plain

 

氷マナで冷えてしまったコーヒーも炎マナで一気に過熱して暖かく……はならない。

まあ気持ちだけってことで。

 

材料

アクリル板

東急ハンズの店頭で買ったのだけど、ネットからだと見当たらず…どこにあるんだろう。

スポンジ板

NR黒セルスポンジ 5×100×100|【東急ハンズネットストア】

光モ-ル カブセ 12 1m -ホームセンター通販サイト・コメリドットコム

ビニールテープ

Amazon.co.jp: ビニールテープ (黒)19mm×20m: 文房具・オフィス用品

 

テープLED

フルカラーテープLED(RGBLED18個付30cmタイプ): LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

テープLED用の電源

24W級スイッチングACアダプター12V2A NT24−1S1220: 電源一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

テープLED用コントローラ

フルカラーLEDコントローラー(赤外リモコン式): 半導体 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

 

 

作るのに必要な機材

  • 電源(ふつうの家庭用電源でOK)
  • レーザーカッター(アクリルの刻印用。適当なシェア工房でお借りしましょう)
  • カッターナイフ(スポンジのカット用)
  • はさみ(ビニールテープのカット用)
  • のこぎり(枠のカット用)
  • 自分を信じる心

 

作り方

アクリルにレーザーカッターで刻印するための図柄を書く。

レーザーカッターのツールでつかえるフォーマットは、基本的にはベクトル形式のデータ。

そこで今回はInkscapeというツールを使ってみることにする。GIMPでもいいらしいけど。

Inkscape - 窓の杜ライブラリ

ベクトル形式の図柄を書くにはadobeイラストレータがオススメらしいんだけども、いかんせん高いのでこいつで代用。

書きあがった図柄がこちら。

f:id:Catalina1344:20141207172016p:plain

周囲の文字は某ネトゲのタイトルとか技名をそのまま記述。

 

あとは物理的に作るだけ

 

1, アクリルにレーザーカッタで刻印する

今回はこちらの工房をお借りしました。

http://makers-base.com/

機材の調整とか含めて一時間半くらいでできました。

 

2, アクリルの下に敷くスポンジを、アクリルと同じ大きさにカットする

なにごともなく数分で終わる作業。

四角なので失敗することもないでしょう。

 

3, カブセをカットする

アクリルの周囲を取り巻けるくらいの大きさにカットする。内側の窪みにテープLEDを張り付けるので、そのぶんの余裕をとることを忘れずに。

4つパーツが切り取れたら、4辺のスミをナナメ45度にカットする。切っておかないと、組み立てたときにぶつかってしまうので。

 

4, カブセの内側にテープLEDを配置する

テープLEDの両面テープ部分をはがして、カブセの内側に貼り付ける。

実際に4辺を正方形にした状態で綺麗に張れるように適当に調整する。

 

5, カブセとアクリルをくっつける

カブセの内側の凹みにアクリルとスポンジ板を入れる。

入ったら、カブセの四隅を固定していくために、ビニールテープで固定する。

ビニールテープは外に見えてしまうけども、なるべく綺麗になるように。

 

6, 電源を接続する

テープLEDの端子にコントローラの端子をつなぐ。

コントローラの電源入力端子にACアダプタをつなぐ。

最後にACアダプタの電源を入れる。

 

あとは専用コントローラでぽちぽちと遊びましょう。

 

今後の展望

コスプレ小物として足元に出すためには、もっと大きな魔法陣でやりたい。

ただ、レーザーカッターに入る大きさの上限があるので、分解の仕方を考えないときつい。(おかしなところで分割してしまうと、見た目が残念になってしまうので。)

 

今回ためしに使ってみたカブセはなかなかいい感じ。プラスチック素材なので多少は曲がってくれるので、実物大(今回の20倍くらいの大きさを想定)をつくるときはこれをまげて使えばいけそう。熱を加えればさらに曲がってくれるだろうし。